ランキング

【日本株】6カ月間の値上がり率ランキング(2021.1~6月期)

こんにちは!こっちーです。

今回は、6カ月間値上がり率ランキング(2021.1~6月期)について話したいと思います。

2021.1~6月の値上がり率ランキング上位30銘柄

順位証券コード銘柄名市場業種値上がり率
14582シンバイオ製薬JASDAQ医薬品530.8%
27078INCLUSIVEマザーズサービス336.8%
38040東京ソワール東証二部繊維製品279.6%
46614シキノハイテックJASDAQ電気機器263.8%
56993大黒屋HD東証二部小売業247.8%
66337テセックJASDAQ機械243.2%
77625グローバルダイニング東証二部小売業224.9%
86335東京機械製作所東証一部機械192.6%
99878セキド東証二部小売業188.2%
106627テラプローブ東証二部電気機器178.5%
117863平賀JASDAQその他製品173.5%
126125岡本工作機械製作所東証二部機械171.5%
136031サイジニアマザーズサービス169.3%
148039築地魚市場東証二部卸売業164.5%
154124大阪油化工業JASDAQ化学164.0%
163991ウォンテッドリーマザーズ通信160.3%
176532ベイカレント東証一部サービス156.8%
186699ダイヤHD東証一部電気機器155.0%
196694ズームJASDAQ電気機器152.5%
206564ミダック東証一部サービス149.7%
216616TOREX東証一部電気機器142.7%
229101日本郵船東証一部海運136.8%
233377バイク王&カンパニー東証二部卸売業134.9%
247805プリントネットJASDAQその他製品133.0%
256191エアトリ東証一部サービス132.3%
267685バイセルマザーズ卸売業132.0%
276236NCHD東証一部機械129.2%
286839船井電機東証一部電気機器127.0%
296629テクノホライゾンJASDAQ電気機器127.0%
309107川崎汽船東証一部海運124.6%

※このランキングは期間内安値と3月末の株価を比較したときの値幅の大きさで順位付けしています。

6カ月間で、6倍以上に値上がりした銘柄が1銘柄ありましたね(*゚▽゚)ノ

その他4倍以上が1銘柄、3倍以上が5銘柄ありました!

1位のシンバイオ製薬についての詳細は後ほど記載しています♫ヽ(゜∇゜ヽ)♪

6カ月間のランキングとなると、上位30銘柄の全てが2倍以上に値上がりしています。

6カ月間となるとやはり業績が伴わなければ値上がりの継続が厳しくなりますので、上位の銘柄は上方修正している銘柄が多数ある印象です♪

それではこの後は、上位30銘柄の中で、個人的に気になる3銘柄をご紹介します!

第1位 4582 シンバイオ製薬

■四季報情報
【URL】https://www.symbiopharma.com/
【決算】12月
【設立】2005.3
【上場】2011.10
【特色】がん、血液領域を中心とする希少疾患薬に特化。他社から新薬候補物質を導入し開発、製品化

■値上がり要因等

・時価総額858億円

・トレアキシン液剤「RTD製剤」を発売すると発表。
・ベンダムスチン及びリゴセルチブの新規適応症の探索に関する東京大学医科学研究所との共同研究契約の締結を発表。
・2020年12月期の最終損益が40.9億円の赤字に赤字幅が縮小し、2021年12月期は11.4億円の黒字に浮上を見込むことを発表(13期ぶり過去最高益)
・抗ウイルス薬ブリンシドフォビル注射剤(brincidofovir)による小児のアデノウイルス感染症を対象とした第2相臨床試験のINDの申請を発表。
・再発又は難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫を対象としたトレアキシン®、リツキシマブとポラツズマブ ベドチンとの併用療法に関する承認取得を発表。
・再発又は難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫を対象としたトレアキシン®液剤「RTD製剤」とリツキシマブ、ポラツズマブ ベドチン併用療法に関する承認取得を発表。
・2021年12月期第1四半期の経常損益が2億円の赤字に赤字縮小したと発表。
・中外製薬、再発又は難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫を対象としたポラツズマブ ベドチン(遺伝子組換え)の薬価収載を発表。
・抗ウイルス薬ブリンシドフォビル(brincidofovir)の新特許取得の発表。
・キメリックス社が米国食品医薬品局 (FDA) から、天然痘の治療薬として成人および新生児を含む小児の患者を対象に、抗ウイルス薬Brincidofovirの錠剤および経口懸濁液の承認を取得したと発表。
・オンコノバ社、リゴセルチブ経口剤とニボルマブとの併用による非小細胞肺がんを対象とした医師主導フェーズ1/2a試験の最新情報を発表。

■日足チャート

業績改善かつ好材料の連発により、今のところ今年No.1の銘柄となっていますね♪

僕個人的にはバイオ関連銘柄はノーマークなので当然買えていないのですが、小資金の投資家の方でもこういった銘柄を1月から保有していれば、人生変わるくらいの利益を生み出せるので夢がありますよね。



第23位 3377 バイク王&カンパニー

■四季報情報
【URL】https://www.8190.co.jp/
【決算】11月
【設立】1998.9
【上場】2005.6
【特色】中古2輪車買い取り最大手。小売り併設の『バイク王』全国展開。査定から買い取りまで標準化

■値上がり要因等

・時価総額114億円

・「バイク王 高松店」を移転・リニューアルオープンすると発表。
・「バイク王 秦野店」が3月19日にオープンすると発表。
・「バイク王 藤沢店」が4月2日(金)にオープンすると発表。
・2021年11月期第2四半期累計の経常利益を従来予想の4.6億円→7億円に52.2%上方修正し、10期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しになったと発表。
・2021年11月期第1四半期の経常損益は2.5億円の黒字に浮上したと発表。

・「免許取得応援&買い替え応援、今だけ最大 40,000 円キャンペーン」開催を発表。
・つるの剛士さん主演の新 CM『ライダーミニ店長』篇2021年4月23日より放映開始を発表。
・車輌とその周辺部品・用品を取り扱うECサイトの運営・管理業務を目的とした子会社・株式会社バイク王ダイレクトを設立したと発表。
・2021年11月期の業績予想について、売上高を235億円→247億円、営業利益を10億円→14億9000万円、純利益を7億7000万円→10億9000万円へ上方修正したと発表。

■日足チャート

コロナ特需もあり、バイク利用者がどんどん増加しているんでしょうね。

業績も上方修正を重ねていることから、併せて株価も大きく値上がりしています。

懸念点としては、コロナワクチン接種率が増加した後の売上推移ですね。このまま維持できるのであれば、株価も堅調に推移することでしょう。

第25位 6191 エアトリ

■四季報情報
【URL】https://www.airtrip.co.jp/
【決算】9月
【設立】2007.5
【上場】2016.3
【特色】航空券予約サイト『エアトリ』運営。子会社にまぐまぐ。オフショア開発や投資事業も展開

■値上がり要因等

・時価総額608億円

2021年9月期の連結税引き前損益を従来予想の3.3億円→3.8億円に17.9%上方修正したと発表。
・オフィス・店舗の空間づくり、ITサービスを活用した建設業界におけるDX推進を展開する株式会社TRUSTへの資本参加を発表。
・コロナ禍における医療崩壊などの社会的問題解決に向けPCR検査数の需要増加に応えるためエアトリグループが提携するTケアクリニックにて検査キット(宅配)を1回9,900円で提供開始を発表。
・奄美大島の鹿児島県瀬戸内町が観光協定を締結を発表。
・投資先の株式会社センキョの全株式を売却を発表。
・当社子会社の株式会社まぐまぐと投資事業における新規合弁会社株式会社エアトリまぐまぐベンチャーズの設立で合意したと発表。
2021年9月期第1四半期の連結税引き前利益は前年同期比4.8倍の7.2億円となり通期計画を超過したと発表。
・「エアトリ」にて「GoToトラベルキャンペーン」再開時に既にご予約のお客様も、これからご予約されるお客様も、あとから自動的に割引適用と発表。
・金券ショップ運営のキャビンと業務提携したと発表。
・「エアトリ国内ツアー」にて、九州・下関のバス・フェリーが期間中乗り放題&自由に旅程を選択可能なお得なSUNQパスの取扱販売を開始したと発表。
・WEBサイトの回遊率向上を図る「KaiU」の提供を通じてコンバージョン率最大化による企業の収益向上に寄与するコンバージョンテクノロジー株式会社へ追加出資すると発表。
・2021年3月12日より「エアトリ国内ホテル」及び当社グループ「らくだ倶楽部」にてプリンスホテルが運営する宿泊施設の販売を開始すると発表。
2021年9月期の連結業績予想について、営業利益を4億4900万円→10億円、純利益を2億7500万円→5億6100万円へ上方修正したと発表。
・国内航空券+ホテル(エアトリプラス)にて新決済手段としてAmazon Payを導入開始を発表。
・アシアナ航空Webサイト向けに、エアトリグループが提携するTケアクリニックのPCR検査サービスの専用ページの提供開始を発表。
・町家宿泊体験事業やタビナカ体験事業を行う株式会社エイジェーインターブリッジと資本業務提携を発表。
・野村証券が当社保有割合が5%を超えたと報告。
・みずほ証券が保有割合が増加(保有比率8.11%→9.87%)したと報告。
2021年9月期の連結税引き前損益を従来予想の9.4億円→12.4億円へ31.9%上方修正したと発表(3期ぶり過去最高益)。
・「エアトリ」の国内航空券+ホテル(エアトリプラス)にて、乗り継ぎを含む区間の検索、予約機能を実装したと発表。
・2021年4月19日(月)より「エアトリプラス」と「エアトリ国内ホテル」及び当社グループ「らくだ倶楽部」にてシギラセブンマイルズリゾートの運営する7つの宿泊施設の取り扱いを開始を発表。
・「エアトリ国内ツアー」及び当社グループ「ニーズツアー」が中国・復星集団(フォースン・グループ)のグループ会社The COURT株式会社と協業を開始を発表。
・エアトリグループが提携するTケアクリニック浜松町がフィジー共和国渡航の為の陰性証明書が発行可能なPCR検査を開始したと発表。
・株式会社エアトリステイが、「旅するように暮らす」を実現するコロナ禍で全く新しい民泊運用型セカンドハウス「YANAKA SOW」のホテル運営を開始したと発表。
・挙式・披露宴の企画・運営を行う株式会社エスクリがエアトリグループが提携するTケアクリニックのPCR検査を導入したと発表。
・「エアトリ国内ホテル」予約サイトのTOPページを大幅リニューアルしたと発表。
・「エアトリ国内ツアー」にて、レンタカーとホテルがセットになったドライブ旅の販売を開始したと発表。
2021年9月期第2四半期累計の連結税引き前損益が19.5億円となり通期計画を超過したと発表。
・当社出資先のドーナッツロボティクス株式会社によるアルフレッサ株式会社との資本業務提携をしたと発表。
2021年9月期の連結業績予想について、営業利益を13億円→26億円、最終利益を7億4100万円→16億7200万円へ上方修正したと発表。
・「エアトリ国内ツアー」及び当社グループ「ニーズツアー」にて株式会社STARSHIPと包括契約を締結したと発表。
岩井コスモ証券が投資判断を新規「A」でカバレッジを開始し目標株価は3,600円に設定したと発表。
・当社子会社が運営する「キャンピングカージャパン」を「エアトリ」の「キャンプ・アウトドア」として提供開始したと発表。

■日足チャート

アフターコロナ関連銘柄として旅行関連銘柄は今年1月から値上がりを続けていますが、その中でも一際目立つ銘柄ですね。

好材料連発、好決算・上方修正連発なので、今後も大注目です♪

現在少し調整に転じている場面もありますが、いずれまた上昇基調になりそうです!



おわりに

1~6月の6カ月で見ると、やはり業績相場による値上がり銘柄が上位に来ていますね!

皆さんは今年半年を振り返った際の投資成績はいかがでしたでしょうか。

ランキングの上位銘柄をうまく保有できたでしょうか。

出来た人はきっと大きく利益を上げれているのでハイパフォーマンスでしょうね♪(羨ましい・・・w)

また、今年に入ってからのテーマとしては継続して半導体関連銘柄アフターコロナ関連銘柄が強い傾向にありそうですね!

下期は東京五輪後の世界となるので、新型の変異株による感染拡大等がないことを祈るばかりですヽ(´o`;)

今後も色々と試行錯誤して2021年下期も頑張っていきましょう!٩(ˊᗜˋ*)و

今回も、ご覧いただきまして、ありがとうございました!



にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

-ランキング
-, , , , , , , , ,

© 2022 Powered by AFFINGER5