ランキング

【日本株】今月の値上がり率ランキング(2021.3月期)

こんにちは!こっちーです。

今回は、今月値上がり率ランキング(2021.3月期)について話したいと思います。

2021.3月の値上がり率ランキング上位30銘柄

順位証券コード銘柄名市場業種値上がり率
18039築地魚市場東証二部卸売業103.9%
26614シキノハイテックJASDAQ電気機器100.9%
37078INCLUSIVEマザーズサービス100.0%
44777ガーラJASDAQ通信95.2%
57695交換できるくんマザーズ小売業94.7%
66839船井電機東証一部電気機器87.9%
73976シャノンマザーズ通信87.7%
83689イグニスマザーズ通信76.1%
94512わかもと製薬東証一部医薬品76.1%
104934プレミアアンチエイジングマザーズ化学70.9%
113180ビューティガレージ東証一部卸売業66.7%
123540歯愛メディカルJASDAQ卸売業64.4%
136664オプトエレクトロニクスJASDAQ電気機器62.5%
147353KIYOラーニングマザーズサービス61.5%
153031ラクーンHD東証一部通信61.0%
163377バイク王&カンパニー東証二部卸売業60.1%
172351ASJマザーズ通信58.7%
186184鎌倉新書東証一部サービス57.3%
196628オンキヨーHJASDAQ電気機器57.1%
202373ケア21JASDAQサービス56.5%
216993大黒屋HD東証二部小売業55.6%
224499SpeeeJASDAQ通信55.1%
236239ナガオカJASDAQ機械55.1%
247685バイセルマザーズ卸売業54.4%
253912モバイルファクトリー東証一部通信52.9%
264595ミズホメディー東証二部医薬品52.8%
277519五洋インテックスJASDAQ卸売業52.7%
284384ラクスル東証一部通信49.3%
293021パシフィックネット東証二部小売業48.8%
309827リリカラJASDAQ卸売業48.5%

※このランキングは期間内安値と月末の株価を比較したときの値幅の大きさで順位付けしています。

1ヶ月間で、2倍以上に値上がりした銘柄が3銘柄ありましたね(*゚▽゚)ノ

1位の築地魚市場は「株主優待制度を新設」により大きく値上がりしています♫ヽ(゜∇゜ヽ)♪

こういったランキングを作成してて毎回思うのが、銘柄選定の重要性です。

毎日あれこれ試行錯誤して、インするタイミングを考えて、色々試すのに結局利益はコツコツとしか積みあがらないどころか損切りすることも多い、一方で銘柄選定が正しく、このランキングの上位銘柄を月始に買って1か月放置してるだけで数十%値上がりしてるってことですからね(笑)

あくまで結果論で、サプライズ材料とかは事前に把握はできませんが、少なくとも業績期待やテーマ性等である程度予想はできるので、できることはしっかりやっていきたいですね!

この後は、上位30銘柄の中で、個人的に気になる3銘柄をご紹介します!

第2位 6614 シキノハイテック

■四季報情報
【URL】https://www.shikino.co.jp/
【決算】3月
【設立】1975.1
【上場】2021.3
【特色】半導体検査装置の開発・製造LSIの設計およびIPコアの開発カメラモジュールおよび画像処理システムの開発・製造

■値上がり要因等

・時価総額76.4億円

・直近IPOとして資金流入か。初値は公開価格390円の3.1倍となる1,221円。
・半導体検査装置のほか、LSIの設計やIPコアの開発カメラモジュール、画像処理システムの開発・製造を手掛ける。
・3月31日取引終了後に信用規制を発表。

■日足チャート

このチャートには記載していませんが、4月に入ってから信用規制により急落しています。しかし、依然として高値を維持しています!

半導体関連の銘柄ということで、今セクター全体が好調なので、高値奪還も期待できるかもしれません♪



第5位 7695 交換できるくん

■四季報情報
【URL】https://www.dekirukun.co.jp/co/
【決算】3月
【設立】2004.1
【上場】2020.12
【特色】住宅設備機器の本体と工事をセット販売。Webで見積もり、注文できる手軽さと低価格に強み

■値上がり要因等

・時価総額135億円

・2020年のIPO関連として資金流入か。
・前期比で増収増益予想であることや、事業が職人の能力を必要とするものであるため、参入障壁が高いこと等が認知され始めたか。

■日足チャート

この銘柄は某投資系雑誌で10倍株候補の直近IPO特集のようなもので取り上げられていました。

やっている事業も地道な作業を要するものであることから、DX関連として認知されにくく株価がしばらく低下していたのかもしれませんが、認知されてからの上げ幅が凄いですね!

第7位 3976 シャノン

■四季報情報
【URL】http://www.shanon.co.jp/
【決算】10月
【設立】2002.4
【上場】2017.1
【特色】営業活動に必要な情報を管理・運用するクラウドサービスが柱。イベント等管理システムも

■値上がり要因等

・時価総額46.9億円

・第1四半期連結決算が、売上高5.95億円(前年同期比13.7%増)、営業利益1.6億(同3.2倍)、純利益9,400万円(同3.0倍)と大幅増益を好感か。
・4月30日を基準日として1株につき2株の割合で分割すると発表。

■日足チャート

この銘柄は、1Qで通期計画の2倍弱の利益を上げているんですよね。

また株式分割が控えていることもあり、継続して資金流入しています。

上場4年目で社長も若く、これから業績株価共に更に期待できるのでは?と注目しています。



おわりに

3月は、上旬から中旬にかけては海運関連や銀行関連の上げが目立ち、後半はIPO関連や半導体関連が値上がりしていたように思います!

これから4月は次の5月決算期待銘柄の上げとIPO関連銘柄の上げが期待できるのではと思っています。

緊急事態宣言後も感染者はまたすぐにリバウンドして増加基調となっているので、再びアフターコロナ関連は売られ、グロース関連に資金が入りそうな段階です 。

そういった資金の流れを意識しながら4月以降も上手く利益を上げていきましょう!٩(ˊᗜˋ*)و

今回も、ご覧いただきまして、ありがとうございました!



にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

-ランキング
-, , , , , , , , , , ,

© 2022 Powered by AFFINGER5