ランキング

【日本株】四半期の値上がり率ランキング(2021.7~9月期)

こんにちは!こっちーです。

今回は、四半期値上がり率ランキング(2021.7~9月期)について話したいと思います。

2021.7~9月の値上がり率ランキング上位30銘柄

順位証券コード銘柄名市場業種値上がり率
19127玉井商船東証2部海運213.90%
27089フォースタートアップスマザーズサービス210.20%
39941太洋物産JASDAQ卸売業168.50%
44169ENECHANGEマザーズ通信136.50%
55820三ッ星JASDAQ非鉄金属127.10%
61783アジアGHDJASDAQ建設126.70%
76626SEMITECJASDAQ電気機器123.80%
87050フロンティアIマザーズサービス120.70%
97072インテMマザーズサービス117.60%
104475HENNGEマザーズ通信112.80%
113936グローバルウェイマザーズ通信109.30%
126335東京機械製作所東証1部機械109.10%
139268オプティマスG東証2部卸売業109.00%
147021ニッチツ東証2部機械107.00%
159919関西スーパー東証1部小売業105.90%
166191エアトリ東証1部サービス105.10%
178103明和産業東証1部卸売業104.10%
183377バイク王&カンパニー東証2部卸売業102.50%
193996サインポスト東証1部通信102.20%
206898トミタ電機JASDAQ電気機器101.80%
217254ユニバンス東証2部輸送用機器99.30%
229308乾汽船東証1部海運97.80%
237082ジモティーマザーズサービス97.30%
242983アールプランナーマザーズ不動産95.40%
254051GMOFGマザーズ通信93.10%
267769リズム東証1部精密機器91.40%
279110NSU海運東証1部海運88.90%
284490ビザスクマザーズ通信87.80%
292158FRONTEOマザーズサービス86.00%
307868廣済堂東証1部その他製品85.50%

※このランキングは期間内安値と3月末の株価を比較したときの値幅の大きさで順位付けしています。

3ヶ月間で、約3倍に値上がりした銘柄が2銘柄ありましたね。

その他2倍以上が18銘柄あり、前四半期(4-6月)と比較すると大きく伸びた銘柄が多かったですね。

1位の玉井商船を始めとして海運関連銘柄が多くランクインしているのは今年の特徴と言えます。

上位30銘柄のすべてが+85%以上に値上がりしているので、そういった銘柄を見極めると投資パフォーマンスも上がり精神的にも楽になりますね。

それではこの後は、上位30銘柄の中で、個人的に気になる3銘柄をご紹介します!

第7位 6626 SEMITEC

■四季報情報
【URL】http://www.semitec.co.jp/
【決算】3月
【設立】1958.3
【上場】2011.6
【特色】センサー専業。事務機器、家電、産業機器、自動車、医療機器向けなど幅広い。カスタム品に強み

■値上がり要因等

・時価総額323億円

・2022年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比69.2%増の9.5億円に拡大したと発表。

■日足チャート

この銘柄は今年2月の決算で上方修正しPER的にかなり割安感があり当時から「株価8,000円は堅い」と思っていたのですが、半年経ってそれを大きく超えてきていますね。

自動車・家電関連や産業機器関連向けセンサーの好調が継続しているほか、医療関連では血糖値測定器向け販売も好調とのことです。



第23位 7082 ジモティー

■四季報情報
【URL】https://jmty.co.jp/
【決算】12月
【設立】2011.2
【上場】2020.2
【特色】オンライン掲示板『ジモティー』を運営。家具の個人間取引などを仲介。PVに応じて広告収入

■値上がり要因等

・時価総額214億円

・自治体と地域住民のマッチングを促進することで労働力不足を解消し作業負担を軽減する自治体向け電子申請・申請承認システム「LOCONET」β 版の提供を開始したと発表。

・循環型社会の実現に向け和歌山県橋本市とリユースに関する協定を締結したと発表。

・2021年12月期第2四半期累計の経常利益は前年同期比74.4%増の2億8600万円となり、通期計画の3億3400万円に対する進捗率は85.6%に達したと発表。

・新 CM「送料 0 円」篇、「手間なし処分」篇などを 8 月 27 日より放送開始と発表。

・循環型社会の実現に向け沖縄県中頭郡嘉手納町とリユースに関する協定を締結したと発表。

・地域の情報サイト「ジモティー」が第4回エコプロアワード「環境大臣賞」を受賞したと発表。

・中古車売買を行うユーザー向けに利便性向上のためのサービス提供を行う子会社(株式会社ジモカー)を設立したと発表。

・循環型社会の実現に向け福岡県宗像市とリユースに関する協定を締結したと発表。

・世田谷区と共同運営する官民連携のリユース拠点「世田谷区不要品持ち込みスポット」を 10 月 6 日から開始すると発表。

・野村証券は財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出(5.55%→7.92% 475,200株)と発表。

・神奈川県川崎市と連携し、粗⼤ごみの中からまだ使えるものをリユースする実証実験を 10 ⽉ 1 ⽇から開始すると発表。

・循環型社会の実現に向け兵庫県加古川市とリユースに関する協定を締結したと発表。

■日足チャート

積極的にIRを発信する当社はかなり魅力的です。

こういう銘柄はつい最近でいうとFRONTEOに似た傾向にあると思っています。

ただあとは上方修正等、業績インパクトに繋がる情報が出てくると良いのですが・・・。

第28位 4490 ビザスク

■四季報情報
【URL】https://visasq.co.jp/
【決算】2月
【設立】2012.3
【上場】2020.3
【特色】ビジネス知見持つアドバイザーと顧客をつなぐ『スポットコンサル』展開。米同業を大型買収

■値上がり要因等

・時価総額573億円

・2022年2月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比60倍の1.2億円となり、通期計画の2.2億円に対する進捗率は54.5%に達したと発表。

・当社グローバル展開を加速するための米国 Coleman 社の買収、第三者割当によるA種種類株式、B種種類株式(現物出資(デット・エクイティ・スワップ))及び第14 回新株予約権の発行、定款の一部変更並びに資本金及び資本準備金の額の減少に関するお知らせを発表。

・日本経済新聞にて「新規事業の立ち上げを検討する企業向けに市場調査を代行するサービスを始める」と報じられ資金流入か。

■日足チャート

増収増益を続けている当社ですが、昨年夏以降今年の8月まで株価はヨコヨコで推移しておりホルダーはもどかしく思っていたでしょうが、ついに上放れしましたね。

直近IPOの中ではかなり優秀であり、今後も成長を続けていく予感がします。



おわりに

7~9月の四半期単位で見ると、やはり海運関連銘柄が強いという印象です。

また、エアトリ等の旅行関連銘柄も8月下旬以降はかなり値上がりしていますね。

その他、業績上げ、材料上げ、仕手化等様々でした。

次の四半期(10~12月)は、岸田新総裁のもとで年末までどのような値動きになるかまだ読めませんが、

そのうち本命銘柄らしきものに資金流入するはずなので、注視していきたいと思います。

色々と先読みして次の四半期も頑張っていきましょう!٩(ˊᗜˋ*)و

今回も、ご覧いただきまして、ありがとうございました!



にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

-ランキング
-, , , , , , , ,

© 2022 Powered by AFFINGER5