分析

【テーマ株】2021年注目テーマ(NFT関連)について

こんにちは!こっちーです。

今回は、2021年注目テーマ(NFT関連)について話していきたいと思います。

NFT関連ニュースについて

2021年になってから以下のようなニュース記事が日経新聞で取り上げられていましたが、皆さんはご存じでしょうか?

ニュース見出し

・ブロックチェーン活用のデジタルアート、75億円で落札

・1場面で2000万円超 「NFT」は現代の錬金術か

・Twitter創業者ドーシーCEOの初投稿、3億円で落札

・アートや音楽、デジタル資産に 「希少性」がバブル呼ぶ

上記のニュース記事は、どれも「NFT」に関連するものです。

それではここからは、一体「NFT」とは何なのか?なぜ多額のお金が絡むのか?について解説していきたいと思います。

NFTとは?

NFTの定義については、以下のように記されています。

NFTとは?

・非代替性トークン、NFT(non-fungible token)とは、ブロックチェーンと呼ばれるデジタル台帳上のデータの単位である。

・各NFTはユニークな(唯一の)デジタルアイテムを表すことができるため、交換することはできない。

・NFTは、アート、オーディオ、ビデオなどのデジタルファイルを表すことができ、その他の形態のクリエイティブな作品を表すことができる。

・デジタルファイル自体は無限に複製可能であるが、それを表すNFTは、その基盤となるブロックチェーン上で追跡され、購入者に所有権の証明を提供する。

(出典:wikipedia

何となくわかるようなわからないような…~(꒪꒳꒪;)~

そうだよね。それではもう少しわかりやすく解説するね!

NFT(non-fungible token)という単語について

まず、単語それぞれの意味からですが、

・fungible:代替可能な

・token:代用貨幣(暗号通貨)

そして、頭にnonをつけて直訳すると、代替不可の代用貨幣となります。

token(トークン)自体は、通常、実体のあるものにも使われるのですが、今話題のNFTは、どうやらタルデータに限っての話になるようです。

fungibleとnon-fungibleの違いについて

fungible(代替可能)かnon-fungible(代替不可)かの違いについてですが、

例えば、日本円のお札や小銭について、製造年月や製造番号等、それぞれのお札や小銭に記載されているものは異なるものの、どれも同等のものとして取り扱いされますよね?

1万円札は基本的にどの1万円札も1万円の価値として扱われますし、100円玉もどれも同じ100円玉として扱われます。

これはfungibleと言えます。

一方で、エラーコイン、プレミア硬貨(発行枚数が少ない年の硬貨)等は通常の貨幣価値とは異なる高値で取引されたりしますよね?

こういうものは、non-fungibleといえます。

要は、同じものとして見なされるか、否(希少性がある、唯一性がある)かという区別ができます。

NFTは何が今までと異なるのか?凄いのか?

前々段で、NFTは、どうやらデジタルデータに限っての話とお伝えしましたが、例えば、デジタルの絵(画像)を2つ並べられていたとして、オリジナルとコピーペーストした画像を区別できますか?と言われると、今までは「No」でした。

つまりfungibleなものでした。

オリジナル=本物として、本物と偽物の区別が全くつかないため、いくらでも複製できてしまいますよね。

当然「著作権」というもので作品は守られますが、デジタルデータとしての価値には注目はされていませんでした。

そこで生まれたNFT(non-fungible token)については、以下によってデジタルデータに唯一性を持たせることに成功しました。

ポイント

・ブロックチェーンの性質を活用し、デジタルデータ個々の権利の所在を明らかにした。
⇒デジタルデータの複製は出来ても、個々の権利の所在までの複製は不可であるため、本物か否(コピー品)かの判断ができるようになる。

要は、デジタルデータをnon-fungible化させることに成功したため、それぞれのデジタルデータに唯一性が生まれ、価値が見出され始めたということです。

それにより、上記のニュース記事のように様々なデジタルデータが日本円にして数億円等で売買されるようになった訳です。

NFTの今後について

NFTは今後以下の分野での活用が期待されているようです。

今後の活用の場

・ゲームで購入した有料アイテムを別のゲームで活用

・デジタルデータについて、ネット上で限定販売する等の付加価値を付与

・資産の追跡および真贋証明

ただし、まだデジタルデータのNFTに関する法整備ができていないことや、今話題になっているのが「仮想通貨の高騰」がきっかけとなっていることが挙げられるので、再び仮想通貨が暴落した場合、比例してデジタルデータのNFTの価値が下がる可能性もあるといったことも言われています。

また、最近話題となったばかりということもあり、そのNFT個々の価値がバブル化しているだけで、いずれ値段も落ち着く(落ち込む)可能性があるという懸念もあるようです。

いずれにしても、今はまだ謎が深いものなので、今後より世界中に当たり前のものとして浸透するのか、廃れてしまうものなのか、注目ですね!

日本株のNFT関連銘柄について

それでは、NFTという概念についてはご理解いただいたということで、ここからは日本株の関連銘柄についてご紹介していきたいと思います♪

今回、数多くある関連銘柄の中からご紹介する銘柄は以下の9銘柄です。

関連銘柄一覧

・2437 シンワワイズ

・3927 フーバーブレイン

・8698 マネックスグループ

・4385 メルカリ

・3758 アエリア

・3903 gumi

・9684 スクウェア・エニックス

・4446 Link-U

・3121 マーチャント・バンカーズ

2437 シンワワイズ

■四季報情報
【URL】https://www.shinwa-wise.com/
【決算】5月
【設立】1989.6
【上場】2005.4
【特色】美術品の公開オークションの企画・運営の最大手。バイオマス発電原料等エネルギー関連に注力

■補足

市場:ジャスダック 時価総額:33.1億円

・取り扱うアート作品をもとにしたNFT(代替不可能なトークン)の生成・販売事業を開始すると発表

■日足チャート

3927 フーバーブレイン

■四季報情報
【URL】https://www.fuva-brain.co.jp/
【決算】3月
【設立】2001.5
【上場】2015.12
【特色】情報セキュリティサービスの開発・販売企業。ウイルス対策とPC業務管理に保守も手がける

■補足

市場:マザーズ 時価総額:46.8億円

・シンガポールでブロックチェーンエンターテインメントプラットフォーム事業を開発・運営するDEAと資本業務提携を発表

■日足チャート

8698 マネックスグループ

■四季報情報
【URL】https://www.monexgroup.jp/jp/
【決算】3月
【設立】2004.8
【上場】2004.8
【特色】ネット証券大手。香港、米、豪でも展開。子会社にコインチェック。20年投資顧問会社も設立

■補足

市場:東証一部 時価総額:2,191億円

・子会社のコインチェックが日本初となるブロックチェーン上のデジタルアイテムであるNFTを取引するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」の提供を発表

■日足チャート

4385 メルカリ

■四季報情報
【URL】https://about.mercari.com/
【決算】6月
【設立】2013.2
【上場】2018.6
【特色】フリマアプリ国内首位。販売手数料が柱。スマホ決済『メルペイ』事業、米国フリマ事業強化中

■補足

市場:マザーズ 時価総額:8,513億円

・暗号資産やブロックチェーン事業を行う子会社を設立すると発表(NFT事業を検討)

■日足チャート

3758 アエリア

■四季報情報
【URL】https://www.aeria.jp/
【決算】12月
【設立】2002.10
【上場】2004.12
【特色】スマホ向けゲームを展開。データセンター事業やアフィリエイト広告も。民泊等不動産にも進出

■補足

市場:ジャスダック 時価総額:145億円

・連結子会社のサクラゲートが音楽専門のNFTマーケットプレイス「The NFT Records」を今春、全世界に向けてスタートすると発表

■日足チャート

3903 gumi

■四季報情報
【URL】https://gu3.co.jp/
【決算】4月
【設立】2007.6
【上場】2014.12
【特色】ソーシャルゲームからスマホアプリへシフト。海外展開も。VRやブロックチェーンにも注力

■補足

市場:東証一部 時価総額:402億円

・投資先であるdouble jump. tokyoがロックチェーン開発などを手掛けるカナダのDapperLansとパートナーシップを締結したと発表

■日足チャート

9684 スクウェア・エニックス

■四季報情報
【URL】https://www.hd.square-enix.com/
【決算】3月
【設立】1980.2
【上場】1991.2
【特色】エニックスとスクウェアが合併。『ドラクエ』『FF』軸にコンテンツ多面展開。タイトーも傘下

■補足

市場:東証一部 時価総額:7,450億円

・ブロックチェーン技術を活用した「NFTデジタルシール」をdouble jump. tokyoと共同開発し今夏に販売すると発表

■日足チャート

4446 Link-U

■四季報情報
【URL】https://www.link-u.co.jp/
【決算】7月
【設立】2013.8
【上場】2019.7
【特色】独自サーバーでコンテンツ配信サービス展開。漫画アプリに強く小学館『マンガワン』運用が柱

■補足

市場:東証一部 時価総額:162億円

・エンターテインメント領域に特化したNFTプラットフォーム「パレット」をコインチェック等と共に立ち上げ

■日足チャート

3121 マーチャント・バンカーズ

■四季報情報
【URL】http://www.mbkworld.co.jp/
【決算】3月
【設立】1947.3
【上場】1949.6
【特色】賃貸不動産や国内外企業へ投資するマーチャントバンキング事業が柱。病院給食などの運営も

■補足

市場:東証二部 時価総額:91.2億円

・NFT化したお宝グッズを売買するためのNFT売買プラットフォームを運営する事業を開始すると発表

■日足チャート

おわりに

いかがでしたでしょうか。

NFTという聞き慣れない言葉を噛み砕いて解説してみましたヾ ^_^♪

関連銘柄もこれからどんどん増えてきそうですし、そのうち一部が大相場となる可能性を秘めているので非常に今年注目のテーマだと思いますので、是非内容をご理解いただき、関連銘柄の株価推移やIR等に注目していきましょう♪

今回もご覧いただきまして、ありがとうございました!









にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

-分析
-, , , , , , , , , ,

© 2022 Powered by AFFINGER5