投資やり方

【重要】株式投資における負けない方法

こんにちは!こっちーです。

今回は、株式投資における負けない方法について話していきたいと思います。




はじめに

皆さんはどのような投資のスタンスで相場に挑んでいますでしょうか。

毎日のように新しい銘柄で取引していますか?

週に1回程度でしょうか?

時期は関係なく、本当に良いと判断できた銘柄が出て初めて取引しますか?

まぁ様々な方がいると思います。

僕自身Twitter等で毎日様々な投資家のツイートを見ているのですが、毎日のように爆益の方もいますよね。

ド短期投機やデイトレでストップ高銘柄をいくつも取りにいったり、10数%の値上がり銘柄をいくつも保有していたり。

また、誰が保有しているという観点とは違いますが、何日も連続でストップ高になるような銘柄を見ていると、

こんな銘柄保有していれば今頃ウハウハだろうなぁ…

なんて考えては焦ったり、どうしよう、どうしよう、自分は全然だめ…。

みたいな経験は1度はあるんじゃないでしょうか。

それを見ては、こんなこと思いませんか?

自分も追いつくために毎日相場に参加しないと!!

あるあるですね(笑)

そんなことを思って相場に向き合うと、自分に合う投資スタンスって絶対に見失うんですよね。

その経験は僕も大いにありますので、ここからは、どういうスタンスであるべきなのかについて、あくまで僕個人的な見解としてお話します^^



負けにくい投資スタンスについて

僕が考える負けにくい投資スタンスは以下のとおりです。

負けない投資スタンス

➀「勝つ」はなく、「負けない」を強く意識する

②指数の流れを意識する(俯瞰する)

③自身のメンタル面に合う取引をする

④本当のチャンス時にはきちんと勝負する

それでは、順番に解説していきます。

➀「勝つ」はなく、「負けない」を強く意識する

僕は、資産運用を自身ですることについて、株式投資を始めてから数年経ってから、改めて考えてみたんです。

最近、インデックスやETFへの投資についての話題も良く目にするようになりました。

プロに運用を任せて、自分の時間も取られることなく、安定的に利益を上げられる可能性の高い手法を取ることもできるのに、それでも自分は、なぜ自身で運用することを選ぶのかと。

その答えは、

早く大きく勝ちたい!

だったんです。

でも、色々調べていくうちにインデックスやETFへの投資でも、長期でみると大きく勝てることがわかり、また悩みました(笑)

そこで思ったんです。

じゃあまずは、インデックスやETFへの投資に勝てるようになろうと。

そこで今一度、インデックスやETFへの投資の特徴と、インデックスやETFへの投資と比較した場合の自身で運用するメリットを再確認したときに気付いたことがありました。

それは以下のとおりです。

気づいたこと

・インデックスやETFも基本的には指数連動型であるため短期的に見れば、プラスもあればマイナスもある

⇒それならば、下げ相場では負けないように取引を控え、上げ相場の時にインデックスやETFと同様に勝てば、トータル勝ちじゃね?

誰だって勝ちやすい簡単な相場は必ずあるんです。

一方で、負けやすい相場もあるんです。

今までは、負けやすい相場でも勝つことが正義!というか、そうしなければ資産は増えない、と考えていました。

しかし、インデックスやETFへの投資ですら、長期的に見れば大きく勝てるということ、そしてその投資手法は短期的には負けているときもある、という前提で考えると、皆が勝てるときに同じように勝ち、皆が負けるときに負けない”ことをすれば、短期とは言わなくとも中期で大きく勝てるのではないか?ということです。

僕は、インデックスやETFへの投資だけでは、資産形成スピードが遅いと考えたからこそ、自身での運用を選んだ訳です。

ただ現実は厳しく、短期で大儲けするのは至難の業であることも身を持って体感しました。

その結果、短期とは言わなくとも中期で大きく勝つための方法としてこれに行きつきました。

そして「負けない=取引をしない」がベストだと思っています。

取引をしなければ100%負けませんからね(笑)

②指数の流れを意識する(俯瞰する)

例外はありますが、基本的に多くの銘柄は指数に連動する傾向にあると思っています。

※指数=日本市場でいうと、日経平均株価、マザーズ指数等

だからこそ、各銘柄の値動きを左右する指数を意識することは当たり前ですが、大切だと思っています。

そして僕の考えとしては、以下の点を意識しています。

意識していること

・指数の値動き大きく分けて3つ(強い、ヨコヨコ、弱い)であることから、自身のポジションサイズできるだけそれぞれに連動する形で、強気(大きなポジション)~弱気(小さなポジション)として挑む

これを意識することで、弱気相場で損しにくく、強気相場で大きな利益を上げる「損小利大」に繋がるポジションを持つことができます。

※ただし、楽観視は禁物であり、相場が余りにも勢いが良すぎる場合は、「そろそろ天井かもしれないな」と冷静に考え、利益確定もしっかりする必要があります。

そして、利益確定後はその天井付近だと思われる場所で新たなポジションは控えることも重要です。

また次のチャンスを待ちましょう♪


③自身のメンタル面に合う取引をする

これはかなり重要だと思っています。

投資は頭で冷静に考えていることと、実際の行動が伴わないことがあります。

そういうときは、メンタルが乱れ、冷静ではなく焦り、悔しさ、逆に浮かれている時等は、感情のままにテキトーなポジションを持ってしまう傾向にあります。

また、数分に1度、証券アプリの画面を見たくなる等の場合、おそらくそのポジションが大きすぎるか、保有するタイミングが誤っている可能性が高いので、一度売却して冷静に検討し直す必要があると思います。

※デイトレをしている場合は別です。

また、負け続けるとすぐに損した分を取り返そうと、信用取引をしてさらに損失するケースもよく見られます。

信用取引で勝つことが難しい理由については、以下の記事もご覧ください。

【危険!?】信用取引で金持ちになれない理由(追証・大損)

上記のようにならないために、僕が意識していることは以下のとおりです。

意識していること

・今取引する理由を明確にする

・最悪のケースを想定して、そのケースに当てはまっても影響が少ない範囲の金額で取引する

基本的に、取引する理由が明確である場合、その理由が外れる要因がはっきりするまでポジションを外す理由がないので、多くの場合、頻繁にチェックする必要はなくなるはずです。

また、最悪のケースを想定した上で正しい金額分を保有することで、焦りや不安も少なくなると考えられます。

さっきから話を聞いていると、確かに負けにくくなりそう!とは思うけど、これだと肝心の利益が全然でないんじゃないかな…?

おっしゃるとおり(笑)

確かにこれだけだと、全然理想へ近づけないと思うよ。

ただ、きちんと利益を出すための4つ目のポイントを今から説明するから、最後まで聞いてよ^^♪



④本当のチャンス時にはきちんと勝負する

この瞬間が資産形成の上で一番の分岐点だと思っています。

上記➀~③の投資のスタンスは、かなり守備よりです。

これらだけでは、確かに負けないけれども、大金を手にすることはできない、できてもかなり長期戦になると思います。

そこでこの④つ目がキーとなります。

毎年知識を付けながら、1年間相場を見続けると、こんなことを思います。

あ、これ今買ったら絶対勝てる!!

みたいな(笑)

自身の経験や、培った知識等を組み合わせると、相場に絶対はないんですが、これは自信あり!!ってなる瞬間が何度か訪れると思います。

その時に、いかに勝負するだけの余力を残しているか、そしていかにきちんと勝負するか、これで年間のパフォーマンスは大きく変わるはずです。

毎日のように取引をしていて、ポジションがパンパン、しかも含み損を多く抱えている状態でその大チャンスに巡り合っても、きっと勝負する資金もメンタルもないでしょう(笑)

だからこそ、日ごろは➀~③を心がけて、勝負どころで④を発揮する、これが負けにくい投資の醍醐味だと思います。

毎年数倍に値上がりする銘柄がたくさんありますし、中には1年でテンバガーする銘柄もあります。

そんな銘柄を安く確実に仕込むチャンスを掴むには、事前準備は欠かせません。

その時の資金も必要ですし、その時に買うメンタルも必要な訳です。

両方整っていなければ、上手くチャンスを掴むことはできないので、日頃からこのために自身をコントロールするしかありません!

おわりに

今回は、株式投資における負けない方法について話をしましたが、いかがでしたか?

人それぞれ投資のスタンスは異なり、合う合わないがあるので、参考にならないかもしれません^^;

大きく勝つために、逆に「負けない」を意識することも大事であるということをご理解いただけたら幸いです!

相場は今後も長く続くので、焦って大儲けばかりを狙わず、その時に合ったやり方で使い分けて挑むことができれば、より資産は安定して増え続けると思っています♪

ご覧いただきまして、ありがとうございました!






にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

-投資やり方
-, , , , , , , , ,

© 2022 Powered by AFFINGER5